FYC
                             

万葉集を自由に楽しむ・その九

9月29日(土)さいたま市市民活動サポートセンター九階ラウンジで9月最後の楽しい学びを実施しました。万葉集巻七・1296「今造 斑衣服 面影 吾尓所念 未服友 今つくる 斑(まだら)の衣 面影(おもかげ)に われに思ほゆ いまだ着ねども(― いま作っている斑染めの衣は、出来栄えがありありと目の前にみえる。まだ着てはみないのだが……」非常に美しくて誰もが珍重する斑染めの服、その服にも譬えられる個性的で滅多に居ない美人の娘、その娘と近い将来夫婦になれる。まだベットはともにしていないが、その時の感動がどれほど素晴らしいかは、今からはっきりと実感できる。胸がどきどき、ワクワクする。何て自分は幸福な人間なのだろうか!!千年以上の時間を飛び越えて生な人間的感情が、感動が直接的に伝わってくるではありませんか。如何ですか、あなたも「四つの幸せ塾」の楽しい学びに参加してみませんか。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター