さいたま読書倶楽部
                               

2012年9月22日の読書会

■9/22(土)の15時から当会23回目の読書会が行われました。

■今回はコムナーレ9階の北ラウンジで行いました。
 
■参加メンバは女性9名、男性10名の計19名。

■今回は2テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)

光速の寄せ1 振り飛車破りの巻(谷川浩司)
コンスタンチノープルの陥落(塩野七海)
夏子の冒険(三島由紀夫)
ブルーデイブック(ブラッドリー・トレバ―・グリーヴ)
方丈記私記(堀田善衛)
林檎の樹(ゴールズワージー 渡辺万理訳)
ロミオとロミオは永遠に(恩田陸)
食品業界は今日も、やりたい放題(小藪浩二郎)
新食品添加物とつきあう法(増尾清)
西の果てまで、シベリア鉄道で(大崎善生)
薬指の標本(小川洋子)
新・幸福論(五木寛之)
それをお金で買いますか 市場主義の限界(マイケル・サンデル)
ネコをしあわせにする人、困らせる人 (武藤眞)
近代とホロコースト(ジグムンド・バウマン)
カラマーゾフの妹(高野史緒)
かもめ・ワーニャ伯父さん(チェーホフ)
心臓と左手(石持浅海)
ルリボシカミキリの青(福岡伸一)
きみはいい子(中脇初枝)
わしの眼は10年先が見える―大原孫三郎の生涯―(城山三郎)
世界で一番のねこ(藤野恵美)
アースダイバー(中沢新一)
熊野古道公式完全ガイド(―)
悪の教典(貴志祐介)
ドリアン・グレイの肖像(オスカー・ワイルド、仁木めぐみ訳)
りかさん(梨木香歩)
おもかげ復元師(笹原留似子)

■記載者のつぶやき
7月に実施した課題本についてアンケートをとりました。
今後も実施するか否かの問いには、なんと回答者全員が「実施」との回答。
次回開催について考えますので宜しくお願いします。
さて会の発足から次回でちょうど2年。また著者等のランキングを計算してみます。
ちなみに1年経過時点では1位は村上春樹さん、2位は川上弘美さん、3位は東野圭吾さんでした。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター