民話の会どんとはれ
                               

蕨市の児童クラブから声がかかり初訪問

日 時:平成24年7月30日(月)14:30〜15:30
場 所:蕨市中央地区留守家庭児童指導室
出席者:51名(先生を入れて)
訪問者:5名
県の福祉部少子政策課から届いた『放課後いきいき応援隊の受入希望施設一覧』に、7月30日(月)誕生会のイベントとして「民話の会どんとはれ」の活動を希望・・と書いてあった。さっそく会長がお引受けする旨の電話をして、初訪問が実現した。駅から徒歩で約20分、真夏の太陽が照りつける中を迷いながら、ようやく目的地にたどり着いた。エアコンが効いた部屋で、子どもたちが待っていてくれた。

 
   

紙人形劇「かさじぞう」:
蓑輪政一
小さい紙人形に子供たちの視線が集中。
昔ばなし「三枚のお札」:
    坂巻外史
小僧まて〜、山姥の手がすぐ後ろまで延びてきた・・。熱演に聞き入っていた
昔ばなし「流されてきたオオカミ」:川崎隆男
昔ばなし「山男の手袋」:
   川崎隆男

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター