NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第117回さいたま福祉研究会(華齢なるケアマネたち)勉強会

■6月勉強会
・開催日:平成24年6月9日(土)
     9:30〜12:00
・場所:浦和コミュニティセンター10F
    第7集会室
・ファシリテーター:S氏(ケアマネ)
・参加者:17名

○一部:9:30〜10:00
    情報交流会
○二部:10:00〜12:00
「介護保険改正から地域包括ケアを考える」
    〜ケアマネの立場から〜

★6月の勉強会ではH24年4月の介護保険法改正の狙いを確認、理解することを目的にしました。事例を通して再確認することで、地域包括ケアを身近なものとして認識することができたでしょうか。

★業務で関わる社会資源をエコマップで分類した後、「生活支援・介護・医療・住まい・予防」の5分野に分け、事例でさらに具体的に検討することで地域包括ケアを認識することができました。

◆振り返り
≪参加者の声≫
・地域包括ケアを身近に感じることができた。
・「予防,住まい,生活支援サービス」を再確認できました。
・地域包括ケアシステムといっても名前だけしか知らない状態でした。インフォーマルなことも知らないといけないことに気づかされた。
・法改正の細かいところに気が行っていて、大きな流れの中で捉えなければならないと分かった。
◆地域包括ケアは4年ほど前に意識していたつもりだったが、自分のこととして業務の中でマッチングしていなかった。
方向性が全く見えない中、具体的な事柄で示されていないことに気づき,ケアマネは「地域での生活者」を支援していくという原点を見つめるべきでしょう。実務内容を法改正の要点に即して整理する視点にも気付くことができました。
◆7月勉強会案内
・日時:7月7日(土)
    9:30〜12:00
・場所:浦和コミュニティセンター
    10F 10集会室
・テーマ:
「制度を整理してみよう」
   〜事例から考える〜

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター