ビオ・荒川さいたま
                             

ノカンゾウ(野萱草)が咲き始めました

オオブタクサの抜き取りは長年放置されてきただけに取っても取っても切りがない。
でも、今や1メートルくらいに育っていても比較的簡単に抜ける。そして密集しているだけに成果が分かり易くてやりがいはある。また抜いた後からチョウジソウなど気にかけている植物が出てくると嬉しくなる。

ノカンゾウが咲き始めました。ユリ科のノカンゾウとヤブカンゾウは別名忘れ草の一日花です。(2012年6月18日)
参照(ノカンゾウ)http://www17.plala.or.jp/tetraodon/hanaindex/subnokanzo.html

ノカラマツの花でシロテンハナムグリが交尾をしていました。いつも見るマメコガネやコアオハナムグリより大きい。
オカトラノオとヌマトラノオノ雑種というイヌヌマトラノオが蕾をつけていました。
アカスジカメムシは毒虫的な色彩が保身に役立ち嫌な臭いは出さない。1匹と思ったらこちらも交尾中でした。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター