田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

2012年の立夏は朝から青空が広がりました

2012年の立夏(5月5日)は2日続きの雨の後で朝から青空が広がりました。
6時30分頃尋ねた自生地は驚いた事に中央観察路が入口近くまで冠水していました。そして特別天然記念物の碑が4分の1くらいオギなどに隠されてしまいました。

駐車場側からハナウドが大きな花をつけ始めているのが見られ、公園近くにはチョウジソウが薄紫の花をたくさん開いていました。
オギやよしそしてノカラマツが伸び始め、あれほど全盛を誇ったノウルシも今はそれらに隠れるようにして面白い櫺未鯢佞韻討い襪世韻任后
すっかり埋もれてしまったサクラソウは雨に傷ついた姿で花を落としているのが多く見られました。

中央の十字路は完全に水没。公園側からの観察路がわずかに水没していないだけでした。
拡大すると分かりますが合弁花のサクラソウは花ごと落ちます。雌しべが残った子房も見えますが受粉していれば嬉しいです。
手前の低いのはノカラマツ、若草色の背の高いのはヨシで後ろの濃い緑色の群生はオギです。
キョウチクトウ科のチョウジソウは花径1,3僂らいで上部が5裂します。
E区の荒木田土掘削跡はオギなどが茂っていますが、今朝は水没していました。
セリ科のハナウドは外側の花弁が大きいのが特徴です。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター