FYC
                             

ジャズをエンジョイする

「音楽を楽しむ」シリーズの3回目(通算では39回目)は4月14日にさいたま市市民活動サポートセンター九階ラウンジで、「ジャズをエンジョイする」と題して実施しました。ご存知のようにジャズほど幅広く大勢の人々から支持され、また愛されている音楽もほかにないのではないでしょうか。jazz音楽は十九世紀から二十世紀初頭にかけてアメリカ南部を中心に派生したものですが、アフリカ系アメリカ人の悲惨な歴史が、彼らの涙と血が底流で今でも叫び声を上げているのが感じ取れるような、そんな
歴史を裏側に秘めた音楽でもありますね。西洋音楽の高度な技術と理論と、黒人のリズム感覚と独特の音楽形式が融合して、現代音楽の源流を形作ったとても自由な表現形式です。ご一緒にジャズを聞きに街に出かけたくなりますね。生活をエンジョイするには音楽、中でもジャズがいいですね。皆さん方も是非、私たちの愉しい集いに参加されて下さい。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター