田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

白花サクラソウが蕾を持ち、アマドコロの花も

13日のサクラソウ自生地は好天に恵まれ、サクラソウもかなり開花してアチコチに群落が見られるようになりました。

アマドコロが花をつけ始めアゼスゲも穂を出して、白花サクラソウが蕾を持ちました。ヒキノカサ、ミツバツチグリもようやく群生し始めました。

願わくばノウルシやスイバ、オギ、ヨシがしばし伸びるのを待ってて欲しい。そうなれば万々歳ですが・・・・。

左の写真はヒキノカサとサクラソウ

手前ピンクがサクラソウ、遠景は満開のソメイヨシノ。
ユリ科のアマドコロ(甘野老)が花をつけ始めました。
ノウルシの群落の中にピンクのサクラソウが。サクラソウよ頑張れ!
バラ科のミツバツチグリ(三葉土栗)が群生し始めました。
待望の白花サクラソウの蕾が見られました(中央の白い点)。
カヤツリグサ科のアゼスゲ(畔菅)がA区の鴨川寄りで穂をつけ始めました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター