ふるさと上谷沼 地域創造塾
                               

24年1月 川の日ワークショップ関東大会     準グランプリ受賞

 平成24年1月22日、“いい川・いい水辺”とは何かをみんなで探るイベント「川の日ワークショップ関東大会」で、上谷沼調節池の地域市民の活動が準グランプリとして表彰されました。

 エントリーされた12団体のうち、「近所の方の力」が評価されたのは当会だけで、地域のみな様の一つ一つの積み重ねと管理行政との協力が、時代にふさわしい川づくりとして認められました。

 川の日ワークショップとは
 川や水辺の環境保護や改善について、川を管理する立場と、その川と将来も関わり続ける住民の立場とで、ともに「いい川とは・いい水辺とは何か」を探り、公開討論会を行いました。<関東大会チラシより>
 行政やご近所のみな様の力も加わり、ごみひろいや外来植物抜き、草刈りの工夫や自然観察会を行ってきました。
 調節池は、治水用の人工的な空間ですが、生き物にも人にも優しい取り組みが期待できる場所だと、注目されました。
 準グランプリを強みにに今まで以上に活動を展開しています。
 3月17日からは、上谷沼調節池周辺の自然環境スペシャリストになることを目的にした「エコ通講
座」を開催します。
 みな様のご参加お待ちしております。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター