FYC
                             

「書を楽しむ」シリーズ・その一

今月の最初は書聖といわれる王義之(おうぎし)の書を楽しく学びました。私たちの書の学習の面白い所は毛筆ではなく敢えて鉛筆で学習する所にありました。初めての試みでしたが参加者が存分に楽しんで下さいましたので、大成功でしょう。取り敢えず自画自賛しておきます。「蘭亭序」をお手本にして「竜が天門を跳ね、虎が鳳闕に臥す」と称された筆勢を第一番に注目していただきましたが、中々難しい事が納得して頂けたようですね。しかし、楽しむのがもっと大切なポイントですので、御間違えの無い様に。これから参加して下さる方々には特に強調しておきます。どうぞ大勢の皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げておりますので、お気軽にお越し下さい。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター