FYC
                             

歴史について楽しく学ぶ

新年になって三回目、通算では29回目は「社会について楽しく学ぶ」シリーズの歴史篇でした。普通に過去・現在・未来などと言いますが、私たちが生きているのは「永遠の今」だけなのですね。過ぎ去った過去は現在に「生き、生かされる」事によってのみ意味があります。忘れてしまいたい過去、都合の悪い過去、などを理想化したり、現在の私たちにとって都合の良いように歪曲したりすれば、物言わぬ過去は無言のうちに咎めたり、時には復讐したりする。学問の道は歴史に極まると言われますが、歴史を正しく知る事程大切な事はありませんね。歴史を学ぶとは、結局は私たち自身を知ることに外なら無いのですから、それを楽しむ行為は最高!皆さんも「学びを楽しむ」仲間に参加してみて下さい、歓迎いたします。

 
   


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター