FYC
                             

将棋に学ぶ

ゲーム感覚を楽しむ・シリーズの第二回目は「将棋に学ぶ」と題して実施しました。

最近、ニューウエーブ将棋が流行でカフェなどに若い男女が集まって、食事や飲み物などを口にしながら簡単な「将棋ゲーム」を楽しむ場が盛会なのだそうです。

今や国際的な人気を誇る日本将棋ですが、囲碁と同様に内容は奥深く、興味が尽きないもの。初心者から、プロのトップまでそれぞれの力量に応じた楽しみ方が可能で、最近ではネット対局なども行われており、今後は更に発展・流行が予想されるゲームとは言えない独自の世界がありますね。

そして類似のゲームが数多くある中で、捕獲した相手の駒を自分の手駒として利用できる点が特別にユニークで、内容を豊富にも複雑にもしている上、楽しさが倍増される仕組み。

古典的な定石(数学の定理や公理に相当する基本の手順の事)の上に、最近では様々な新定石と呼ばれる定石が開発され続け、益々人生そのものに似て奥深く興味尽きない一大宇宙を形作っている観があり、そこから学ぶ事も沢山あります。学びを楽しむ本講座では最適とも言える教材だったのです。



前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター