すきっぷす(埼玉コミュニケーションスキル勉強会)
                             

身体の声に耳傾けて

第14回すきっぷす定期勉強会
身体の声に耳傾けて
今日は11名の参加、午後は少人数でマンツーマンでサポートしてもらえて贅沢な時間でした。
前回、10月のテーマに引き続き心と体は一つだということをまた、身を持って体験することができました
紹介していただいたスキルは、身体の症状のイメージを雨や色に置き換えて、症状の背後にある感情をみつめ、そんな気持ちを持っている自分を客観視するところから行動目標が見つかるスキルです
やってみると思いもかけない答えが出てくるので、ほんとにおもしろいです
午後は、自分の症状を目の前の空椅子に座らせてその症状を対話するスキルに取り組みました。モデリングを見ているときは、不思議なかんじですが、やってみると、ひらめきが生まれるし、冷たかった手足が暖かくなってびっくりしたとの感想も聞かれました。

ストレスは、万病のもと
心と身体はつながっています
その身体の症状を雨の降り方に例えると、どんな雨でしょう?
激しく叩きつけるような雨?ぱらぱら降ったりやんだりする雨?じっとり濡れる霧のような雨?
身体の症状は自分では思ってもみないようなことを教えてくれて、感動しました。これは、体験しないとなかなかわからないかもしれません。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター