さいたま読書倶楽部
                               

2011年10月22日の読書会

■10/22(土)の15時から当会12回目の読書会が行われました。

■参加メンバは女性8名、男性9名の計17名。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サラン・フォア
茫然とする技術 宮沢 章夫
ファントム・ピークス 北林 一光
万寿子さんの庭 黒野 伸一
神様からひと言 荻原 浩
ピスタチオ 梨木 香歩
ゆず、香る 有川 浩
聖(さとし)の青春 大崎 善生
ななつのこ 加納 朋子
ミーナの行進 小川 洋子
精神分析入門(上・下) S.フロイト
ゴールデンボーイ スティーブン・キング
もし高校野球部の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら 岩崎夏海
カッコウの卵は誰のもの 東野圭吾
秘密 東野圭吾
容疑者Xの献身 東野圭吾
ナンシー関の「小耳にはさもう」 ナンシー関
信仰の現場 ナンシー関
謎解きはディナーのあとで 東川篤哉
探偵ガリレオ 東野圭吾
人は死なない 矢作直樹
笑坂 後藤明生
法然入門 阿満利麿
池上彰の宗教がわかれば世界が見える 池上彰
世界で一番美しい元素図鑑 若林文高(監修)
鉄は魔法つかい 畠山重篤
チャイナ迷路 ローレンス・ガーデラ

■さて発足から12回、ちょうど1年たちました。
この1年でどのようなジャンルが紹介されたのか機械的に集計してみました。
<2010/11〜2011/10 ジャンルベスト10 母数=293>
1:小説(126)
2:エッセイ(29)
3:ノンフィクション(20)
4:ビジネス(8)
5:新書(7)
5:哲学(7)
7:社会(6)
8:マンガ(4)
8:宗教(4)
10:画集(3)
うーーん、なんか実感と異なると思うのは私だけ?
もっとノンフィクション系が多いような印象ですが・・・
実はこのジャンルはみなさんに自由に書いていただいているので
このような集計をする時は本当は「名寄せ」が必要なのです。
例えば、「まんが」「マンガ」「漫画」は本来は同じジャンルですが機械的にソート
しただけだとこのように「違うジャンル」という結果になります。
このような簡単に判別できる場合はいいのですがグルーピングに悩むものも
あります。いずれ名寄せしてみようと思います(いつになるかは?)

著者ランキングも計算してみました。
さて1位は誰でしょうか?
ちなみに2位は5作品紹介の川上弘美さん、3位は今回4作品紹介された
東野圭吾さんです。
正解は・・・次回発表します。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター