ビオ・荒川さいたま
                             

晩夏の荒川河川敷原野に咲く花

道場の原野はいまや背丈を越すオオブタクサの天下に変わってしまった。そして花粉症の原因の黄色い花粉をいっぱいにつけ始めている。クズもあれだけ採ったのに我が物顔に大きな葉を広げている。
そんな中にもシロバナサクラタデが清楚な花をつけていた。
農家の方の話を聞くとオオブタクサが多くなったのはごく最近という。
来春には芽生えのうちに極力駆除しようと思った。

ツルマメの小さな紅色と白の花。これから荒川河川敷近辺には沢山見られる。
ヤブツルアズキのカタツムリのような黄色い花。小豆の原種といわれる。
オオブタクサは私の背丈をはるかに超えています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター