埼玉ワイズメンズクラブ
                           

心のふるさと歌声集会

2012年8月11日(土)第25回「心のふるさと歌声集会」:鉄道唱歌の旅は山陽道・九州編岩国(23番)から宇佐(35番)迄、瀬戸内海に別れを告げ九州に入りました。今回の曲目は:あざみの歌、池の鯉、おさるのかごや、手のひらを太陽に、とんぼのめがね、夏の思い出、花火、早起き時計、みあげてごらん夜の星を、ローレライ、われは海の子、花言葉の唄、オールドブラックジョー、かわずのよまわり、瀬戸の花嫁、そして鉄道唱歌の計16曲でした。小林さんのハーモニカによる伴奏が新鮮でした。


スクリーンに歌詞をプロジェクターで映し出し、エレクトーンの伴奏で歌っていきます。曲目の背景、思い出話を交えて進行します。
2010年7月の第一回「心のふるさと歌声集会」の風景です。なごやかで、ゆったりとした雰囲気の中で始まりました。
2010年9月の第三回「心のふるさと歌声集会」の風景です。
埼玉YMCA浦和センターの2階で行っています。
2011年8月の「心のふるさと歌声集会」の風景です。夏をテーマに
あざみの歌、美しい湖水よ、海、
さくら貝の唄、芭蕉布、星の界、村祭り、椰子の実、夏の思い出
ローレライ、ふるさと等を歌いました。
JR北浦和駅西口より徒歩3分
です。埼玉YMCA浦和センター
です。
YMCAの標識が見えてきます。
埼玉YMCA浦和センター入り口
です。建物改装もようやく終了し
きれいになりました。
会場はこの2階です。
2011年9月10日(土)第14回「心のふるさと歌声集会」
9月の秋の気配を感じながら、秋の子、秋の夜半、まっかな秋、里の秋、小さい秋見つけた、虫の声、そして童謡一寸法師、牛若丸、浦島太郎、通りゃんせ、どんぐりころころ、ふるさと等秋をテーマに楽しく歌うことができました。
2011年10月8日(土)第15回「心のふるさと歌声集会」で、韓国のご家族の好きな曲「もうふりむかない」を、初めてギター伴奏で
歌いました。
2011年10月8日(土)第15回「心のふるさと歌声集会」風景です。
今回は韓国からご家族4人の方々と一緒に「君は愛されるため生まれた」他2曲を含め、秋、秋の子、まっかな秋、小さい秋見つけた、もみじ、落葉のおどり、まつぼっくり、どんぐりころころ、かかし、からすの赤ちゃん、金太郎、汽車、汽車ポッポ、
電車ごっこ、はなび、ふるさと等 計20曲
を歌い楽しみました。
2011年11月12日(土)第16回「心のふるさと歌声集会」風景です。新たに参加された4人の方々と共に、赤とんぼ、秋の子、あざみの歌、アルプス一万尺、大きな古時計、おおブレネリ、風、肩たたき、かもめの水兵さん、汽車ポッポ、黒い瞳の、荒城の月、故郷の空、こんにちは赤ちゃん、里の秋、遠き山に日は落ちて、トロイカ、とんがり帽子、ないしょ話、野菊、もみじ等
21曲を歌いました。
2011年12月10日(土)第17回「心のふるさと歌声集会」は、新たに参加された2人の
方々と共に、仰げば尊し、一月一日、お正月、荒城の月、故郷の廃家、故郷を離るる歌、スキー、埴生の宿、冬景色、冬の星座、冬の夜、ペチカ、北帰行、ゆき、雪の
降る町を、天なるかみには、誰か故郷を想わざる、ふるさと等18曲を歌いました。
2012年1月14日(土)第18回「心のふるさと歌声集会」:今年最初の歌声集会、終了後は、新たな抱負、希望、リクエスト曲について活発な懇親会が持たれました。
曲目:かあさんの歌、ゴンドラの歌、四季の雨、シューベルトの子守歌、モーツアルトの子守歌、ブラームスの子守歌、スキーの歌、ステンカラージン、野ばら(ウエルナー、シューベルト)冬景色、冬の夜、ふるさと、蛍の光、見上げてごらん夜の星を、雪山賛歌、リンゴのひとりごと、ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)古城の19曲を歌いました。
2012年1月28日(土)「心のふるさと歌声集会」の出前:リクエストにより介護付老人ホーム「グランダ武蔵浦和」で歌声出前を行いました。ホームの約30名のご高齢の方々と一緒に楽しく歌うことができました。写真右はホームスタッフの方々との記念写真。曲目:希望のささやき、荒城の月(上記2曲はリクエスト曲)、赤とんぼ、一月一日、朧月夜、かあさんの歌、肩たたき、早春賦、花、富士山、冬景色、みかんの花咲く丘、ふるさとの13曲。歌の大好きな方が多く、大変喜んでいただきました。
2012年2月11日(土)第19回「心のふるさと歌声集会」:今回より新しい試み:鉄道唱歌による鉄道の旅(東海道編)今回は新橋より沼津(第17番)迄。歴史・思い出・名物話を織込み無事各駅停車の旅終了。次回は沼津より名古屋迄。他曲目:うぐいす、大きな古時計、サンタルチア、早春賦、どこかで春が、春よ来い、箱根八里、富士山、夢路より、ふるさと、リクエスト2曲(赤いサラファン、初恋)の13曲でした
2012年3月10日(土)第20回記念「心のふるさと歌声集会」:皆様のお支えにより第20回を迎えることができました。鉄道唱歌による鉄道の旅(東海道編)2回目は富士(18番)から名古屋(34番)迄。歴史・思い出・名物話を織込み無事各駅停車の旅終了。次回は名古屋より京都迄です。他曲目:青い山脈、仰げば尊し、うぐいす、うれしいひなまつり、朧月夜、かなりや、さくら、早春賦、どこかで春が、どじょっこふなっこ、花、春の唄、琵琶湖周航の歌、めだかの学校、スワニー川、ふるさとの17曲でした。

2012年4月14日(土)第21回「心のふるさと歌声集会」:曲の合間にお茶・お菓子で懇親のひとときです。おみやげを持参くださる方もおられ皆大喜びです。新しく参加された方も「大変楽しかった」と印象を述べておられました。
2012年4月14日(土)第21回「心のふるさと歌声集会」:鉄道唱歌による鉄道の旅(東海道編)3回目は岐阜大垣(35番)から京都(53番)迄。近江八景、京都古寺巡礼等見所・歴史上の名刹が多く停車が多少長くなりました。今回は過去4回の曲目一覧を記載しました(左記)。今回の曲目:青い眼の人形、あめふり、朧月夜、思い出のアルバム(リクエスト)、靴がなる、証城寺の狸囃子、鉄道唱歌、花、春の小川、高原列車は行く、アンパンマンのマーチの11曲でした。

2012年5月12日(土)第22回「心のふるさと歌声集会」:鉄道唱歌による鉄道の旅(東海道編)4回目は京都(54番)から神戸(66番)で東海道は完走。山崎、大阪、神戸と名所古刹を回りました。過去4回の曲目一覧は左記。今回の曲目:こいのぼり、鯉のぼり、5月の歌、ゴンドラの唄、
ステンカラージン、砂山、田植、人形、花の街、花嫁人形、鞠と殿様、若葉、たんぽぽ、赤胴鈴之助、さんぽ、にんげんっていいな、一年生になったら、鉄道唱歌の計18曲でした。

2012年6月9日(土)第23回は家族の絆を主テーマに、リクエスト曲も織り交ぜ、歌うことができました。鉄道唱歌は神戸・須磨の浦、一の谷の源平合戦の地で平
敦盛、平忠度の青葉の笛を初めて
歌い、その哀愁を帯びた曲を皆好きになり、次回も再度歌うことに
なりました。又ドラマ「山下清」のテーマ曲になった「野に咲く花のように」も再度のリクエストに
なりました。
2012年6月9日(土)第23回「心のふるさと歌声集会」:奏楽者に富田理恵さんをお迎えして行われました。鉄道唱歌による鉄道の旅は東海道編を終え、山陽道・九州編に入り神戸(1番)から岡山(10番)迄、平家ゆかりの地須磨の浦と平敦盛の青葉の笛等を楽しみました。富田さんの軽快なエレクトーン奏楽に乗り、今回の曲目は:おかあさん、思い出、かあさんの歌、肩たたき、背くらべ、茶つみ、七つの子、青葉の笛、母、遠きわが児よ(ロンドンデリーの歌)、野に咲く花のように、小さな日記、北帰行、白いブランコ、あの素晴らしい愛をもう一度、そして鉄道唱歌の計16曲でした。

2012年7月14日(土)第24回「心のふるさと歌声集会」:鉄道唱歌による鉄道の旅は山陽道・九州編の岡山後楽園(11番)から宮島口厳島(22番)迄、瀬戸内海国立公園の鞆の浦等各所、広島、厳島を楽しみました。今回の曲目は:青葉の笛(再リクエスト)、海、蛙の笛、たなばたさま、夏は来ぬ、芭蕉布、富士の山、蛍、みかんの花咲く丘、港、遠い世界に、野に咲く花のように(再リクエスト)、遠くに行きたい(リクエスト)そして鉄道唱歌の計14曲でした。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター