FYC
                             

『源氏物語 柏木の巻』の豊かな事実を楽しむ

7月10日(日)の午後2時から、2時間ほど「四つの幸せ塾」の記念すべき第一回目の学びが実施されました。

参加者は「少数精鋭」でありましたが、現代がエコ贔屓する量や数の多さではなく、質の高さからすれば立派なものと主催者としましては自画自賛し、次回以降からの漸次隆盛を期して新たなファイトを燃やす所存ですので、どうぞご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 学びの内容は、日本の古典中の白眉「源氏物語」の柏木の巻きの一節を取り上げまして、このユニークな歌物語の内包する世界、つまり人間性や情感などの精神性の限りなく深く、また豊かな事実を垣間見して頂きました。

 このように、「四つの幸せ塾」では普通の大学の大学院のゼミ、それも最高度の内容とユニークさを特徴としますが対象とする「楽しい学びを志す」お人は、何の資格も準備・予備知識も一切必要とはしません。

 ただ一つだけ条件があるとすれば、それは人生をよりよく生きたいと思う意欲だけ。手ぶらで、サンダル履きの気軽さでご参加下さい。

 二回目はシェークスピアの最高傑作「リア王」を取り上げる予定。三回目は近松門左衛門の「心中天の網島」を考えておりますが、参加者のご要望次第では変更や追加も可能です。ご期待ください!


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター