さいたま読書倶楽部
                               

2011年5月28日の読書会

■5/28(土)の15時から当会7回目の読書会が行われました。

■参加メンバは女性11名、男性13名の計24名。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)

沖で待つ 絲山 秋子
獣の奏者 上橋 菜穂子
そして、ねずみ女房は星を見た 清水 眞砂子
ねずみ女房 ルーマー・ゴッデン作、石井桃子訳
六千人の命のビザ 杉原 幸子
スギハラダラー 手嶋 龍一
トーマの心臓 萩尾 望都
不思議なキリスト教〜日本人の神様とGODは何が違うのか? 橋爪大三郎vs大澤真幸
恥の心理学 マイケル・ルイス
日記力 ―「日記」を書く生活のすすめ 阿久 悠
立原道造詩集 中村真一郎編
フッサール〜心は世界とどうつながっているのか 門脇 俊介
誠実な詐欺師 トーベ・ヤンソン
ルポ 仏教、貧困・自殺に挑む 磯村 健太郎
ヨコハマメリー 映画資料
ユリゴコロ 沼田まほかる
姑獲鳥の夏 京極夏彦
「いいこと」がいっぱい起こるブッダの言葉 植西 聰
インターネットぜんぶわかる本 邑一平
オリガ・モリソブナの反語法 米原万理
みそララ 宮原るり
コトバトココロ れな
Guitar Magazin 1998/2月号
もののはずみ 堀江敏幸
片付けられない女のための こんどこそ!片づける技術 池田暁子
凍りのくじら 辻村深月
八朔の雪 高田郁
出世花 高田郁
世界を知る力 寺島実郎
先送りできない日本 池上彰
テンペスト 池上永一
60歳までに1億円つくる術 内藤忍
美しい星 三島由紀夫
イギリス便り カレル・チャペック
三浦綾子のこころ 佐古純一郎

■今回も様々なジャンルが取り上げられそれぞれに活発な意見が交わされました。

■記載者コメント
前回の22名を超えて過去最多の24名での開催となりました。

多くの方に参加していただくことは非常に嬉しいことです。
参加人数増加に伴い申し込み方法の変更及び定員数の見直し
を行いました。
5/28出席者以外の方で次回参加希望の方は必ず連絡をください。
(新規申し込みの方も含めて先着順です)


さいたま市の市民一人当たりの図書館貸出数は
日本一との話を先日ネットで見ました。
(確か政令指令都市比較だったかと)
統計した年や方法で計算は異なるとは思いますが
いつも行く図書館の賑わい(?)から「なるほどなぁ」
と思いました。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター