さいたま読書倶楽部
                               

2011年4月23日の読書会

■4/23(土)の15時から当会6回目の読書会が行われました。

■参加メンバは女性11名、男性11名の計22名。

■前回同様2テーブルで実施しました。
・最初に自己紹介を兼ねたオープニング。
・その後、各テーブルに分かれてお勧め本の紹介。
・最後に集まって、各自簡単に(1分程度)紹介。
という流れでした。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
のぼうの城 和田竜
持たない暮らし 金子由紀子
日本辺境論 内田樹
文藝春秋(きことわ、苦役列車) 朝吹真理子・西村賢太
密やかな結晶 小川洋子
ヒヤシンスブルーの少女 スーザン・ヴリーランド
PAY DAY !!! 山田詠美
魍魎の匣(コミックス版) 作:京極雅彦
画:志水アキ
ブルー・ゴールド 真保裕一
本の虫 その生態と病理 −絶滅から守るために スティーブン・キング
日本を教育した人々 斎藤孝
別冊宝島1729 まんがと図解でわかるニーチェ 白取春彦
NHKラジオテキスト 漢詩を読む 後藤昭雄
読書の腕前 岡崎武志
妄想の森 岸田今日子
宋名臣言行録 丹羽隼兵
七人の敵がいる 加納朋子
孤独のグルメ 原作・久住昌之、作画・谷口ジロー
大阪の宿 水上滝太郎
かくれ里 白洲正子
レヴィナス入門 熊野純彦
TOKYO STYLE 都築響一
片づけられない女たち サリ・ソルデン
東京に原発を! 広瀬隆
タゴール詩集 タゴール、山室静 訳
ゆっくりさよならをとなえる 川上弘美
サクリファイス 近藤史恵
日本の大復活はここから始まる 三橋貴明
あゝ玉杯に花うけて 佐藤紅緑

■記載者コメント
------------------------------------昨年の11月に9名でスタートした当会も今回は過去最多の22名での開催となりました。
毎回新規参加の申し込みがあることや一度参加された方のリピート率の高さから、読書会という「場」の需要(?)の高さを痛感しています。
これからもこの会を大切にしていきたいと思います。


個人的に毎回思うのですが「あ、その本面白そうなので読みたい!」
という作品が複数紹介されます。
時間が足りなくて困ってしまいます(笑)

晴れた休日には公園で読書を楽しむ回数が増えそうです。
電力消費も0ですし。
------------------------------------


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター