民話の会どんとはれ
                               

いきがい大学鷲宮学園27期総会で出前口演

口演先:いきがい大学鷲宮学園27期校友会総会アトラクション
日時:平成23年4月21日[木]10:30〜11:50
会場:久喜市中央公民館ホール
出席者:約60名
訪問者:11名

校友会長が伊奈学園18期ということで、「どんとはれ」の民話を聞く機会があり、このたびの口演依頼があったものです。また、外川さんの講談には以前から感服していたそうで、「ぜひとも出演をお願いしたい!」ということで、実現しました。

←あいさつする「どんとはれ」蓑輪会長  

「さようの首」:長澤昭洋さん
合図のために大事なところへ紐を結ばれて、相槌を繰り返すばか息子の話に、場内は大爆笑。
「嫁と姑」:星野喜美子さん
聴衆の中には“宝嫁”が大勢いて、納得のご様子でした。時代は変われど・・。
「千石田長者」:川崎隆男さん
越中富山の話。助けられた鱒の恩返しに、皆さんじっくりと聞き入っておりました。
鷲宮学園27期校友会の肥田会長から、たっての依頼があり、定期総会のアトラクションの最後に講談師の外川さんが登場。東日本大震災を受けた福島県は会津の話を、静かに聞き入っていました。
講談「瓜生岩子一代記」:
   外川澄輝さん
日本のナイチンゲールといわれた岩子の一代記。30分の熱演。語り終えると、会場から盛大な拍手がおこりました。
本日出席した「どんとはれ」一同が会場の前に整列して、出演の機会を与えてくださった皆さんにお礼を申し上げました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター