さいたま読書倶楽部
                               

2011年3月26日の読書会

■3/26(土)の15時から当会5回目の読書会が行われました。

■参加メンバは女性6名、男性12名の計18名。

■今回は2テーブルで実施しました。
・最初に自己紹介を兼ねたオープニング。
・その後、各テーブルに分かれてお勧め本の紹介。
・最後に集まって、各自簡単に(1分程度)紹介。
という流れでした。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)

太陽がいっぱい パトリシア・ハイスミス 佐宗鈴夫(訳)
パルムの僧院(上・下) スタンダール 大岡昇平(訳)
ニーチェの考え方 富増章成
無理 奥田英朗
平等社会 リチャード・ウィルキンソン ケイト・ビケット
スートーリーセラー 有川浩
常世論 谷川健一
ほっとする禅語70 石飛博光(書) 渡會正純(監修)
猫をいだいて像と泳ぐ 小川洋子
かたみ歌 朱川湊人
遥かなるケンブリッジ 藤原正彦
ウィンドウズXPトラブル解決 花田潤
原発と日本の未来 吉岡斉
知っているようで知らない法則のトリセツ 水野俊哉
日本の覚悟 櫻井よしこ
自分のための人生 ウエイン・W・ダイアー
リアル・シンデレラ 姫野カオルコ
スペードの女王 プーシキン 中村白葉(訳)
「聴く」ことの力−臨床哲学試論 鷲田清一
行け!まっしぐらじゃ− 評伝・金子直吉 辻本嘉明
銃口 三浦綾子
少年アシベ 森下裕美
笑い ベルグソン


■今回も哲学・社会学・民俗学・小説・宗教・I.T.・社会・ビジネス
 ・エッセイ・ノンフィクション・マンガ等々
 様々なジャンルが取り上げられそれぞれに活発な意見が交わされました。

■記載者コメント
----------------------------------------震災後の諸事情を考え、今回は中止しようかとも考えましたが
読書会自体は電力を消費するものでもなく、また情報交換も兼ねて
実施しました。

18名の参加中、4名の方が初参加で毎回どんな本
を紹介いただくか大変楽しみです。

今回「漫画」が紹介されていて、当日は「当会で初めて」と思って
ましたが以前に三国志が紹介された際に、本と漫画を両方お持ちに
なっていたことを思い出しました。

次回は4月23日の予定ですが、そのころには本屋大賞
が発表になっていますね。
今回ノミネート作品が1作紹介されていますが、何が大賞
に選ばれるか楽しみです。
----------------------------------------


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター