さいたま市市民活動サポートセンター
                               

サポセンライブ(第1回子ども企画開催報告)

さいたま市市民活動サポートセンターは、市内の市民活動団体や、地域で活動を始めたいと思っている市民のための情報受発信の場、話し合いや交流の場です。市民活動サポートセンターを身近に感じてほしい、市民活動に興味を持ってほしい、という願いから、市民団体にご協力いただき、小規模で定期的なプログラムの開催を企画しました。今回は、プレライブとして来館者のみなさんからの意見などを聞きながら、今後につなげていきたいと考えています。

第1回のライブとして、「モナリ座」による人形劇が行われました。詳しい状況は以下の通りです。

今後のライブの予定は、5月25日に「音楽コンサート、6月15日に朗読ライブ、6月25日には絵本の読み聞かせが行われます。詳細は市民活動サポートセンターからのお知らせをご覧下さい。

多い時で50名ほどの参加者がありました。
はじまります。代表(沼田さん)のあいさつから。
1つめの上映作品は「てぶくろ」(ウクライナ民謡)です。
同じく「てぶくろ」。
2つめの上映作品、おなじみ「3匹のこぶた」です。
同じく「3匹のこぶた」。
幕間の手遊びの様子です。
歌に合わせて人形が踊ります。
南の島のカメハメハ大王の歌です。
終わりのあいさつとスタッフ紹介。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター