日本将棋連盟さいたま将棋子どもクラブ支部
                               

2/20北浦和公民館でプロ棋士の指導将棋

プロ棋士による指導将棋
 日時 2/20午前9:00-12:20
会場 北浦和公民館
 講師 日本将棋連盟棋士
     七段 石川陽生
     四段 阿部健治郎 
 受講者 北浦和将棋子どもクラブ
     出席者64名中46名受講
 駒落ち手合い&人数
     10枚落ち…8名
      9枚落ち…6名
      8枚落ち…7名
      7枚落ち…6名
      6枚落ち…7名
      5枚落ち…3名
      4枚落ち…4名
      3枚落ち…3名
      2枚落ち…2名  
◎当将棋教室の開講目的は特定の人を強くすることよりも広く将棋普及を図ることから、超初心者&初心者が中心の指導対局となりました。にもかかわらず幼稚園児5名小学1年生7名にもわかりやすく、やさしく、懇切な指導を頂きました。
●今回ご指摘頂いたこと
 ・石川七段…取った駒が、自分のか相手のかをはっきりさせるために、駒の向きを相手のほうにしてきれいに並べること。盤上の駒と同じようにする。
 ・阿部四段…駒は升目の中に正しく移動させること。間違えるもととなる。
■相性テスト
 指導対局後に石川先生と阿部先生との振りゴマによる相性テストを行い、賞品は石川先生と阿部先生直筆の扇子及び小扇子。非常に盛り上がった将棋子ども教室でした。
相性テスト=子ど達全員が5枚の歩で振りゴマを行い、表のでた枚数の確認後、先生が振りゴマを行い、先生の表の出た枚数と合致した子どもが扇子を獲得する(最後の一人になるまでに何回か行いました。) 
◆サイン会
 最後に色紙サイン会を行い、二人の先生で希望者計24名がサイン頂き、大変な満悦顔での散会となりました。

日本将棋連盟棋士
石川陽生七段の6面指し指導対局
日本将棋連盟棋士
阿部健治郎四段の6面指し指導対局

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター