NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第102回さいたま福祉研究会(華麗なるケマネたち)勉強会

1月勉強会テーマ
「意見交換会」
〜日頃抱えている問題を一緒に
       考えてみませんか?〜
 ★開催日:平成23年1月8日(土)
      9:30〜12:00

 ★場所:浦和コミュニティセンター
     10F第8集会室

 ★参加者16名

 ◆前半:9:30〜10:00
 =情報交換コーナー=
 ◎先月の振り返り 
  振り返りシート
  情報紙「かがやき」より
 ◎新規参加者1名紹介
 ◎グループで地域情報交換
 ◎本の紹介

 ◆後半:10:00〜1200
 =意見交換会=
ファシリテーター:K氏


【本日テーマのポイント】

○日頃抱えている問題について、皆で考える事により、参加者自身の確認や気付きにつなげる

1.グループで日常業務の中で心残りな事、困っている事、解決したい事等の意見を出す。(個人・集団・組織・地域にカテゴリー分け)

2.上記で出た意見についてどうしたいか、どう思ったか気付いた事を意見を出す。

3.困りごとの優先順位を決め、それに対する解決策のための方法、意見を出す。


様々な意見が出ましたが、各グループから1つ取り上げ次の3つの項目に絞りました。
〜反イ筌優奪肇錙璽の中でのルール作りを通しより円滑な連携体制を検討する
▲吋▲泪佑領ち位置の明確化及び専門性を深める
6般海慮率化、でした。

【振り返り】
★前半ファシリテーター(S氏)
・参加者の意見に返すのが難しかったが、だんだんと慣れてきた。
・今後は参加者にも前半のファシリテーター役を積極的に担当することを願う。

★参加者
・ざっくばらんに話が聞けて良かった。
・ケママネにより関わり方が様々であること事がわかった。
・利用者さんに、自分が話している内容が理解してもらえているのかを確認することが必要である。
・利用者との関係がうまくいってないので考え直してみたい。
・普段聞いてほしい事が話せてよかった。等々

★運営員会
・今後は、この意見交換会で気付いた事を深め、職場や地域そして勉強会で活かしていきた。
・自分の考えや意見などについて決められた時間内(1〜3分間スピーチ等)で述べる演習の場を提供していきたい。




【本の紹介】
○今回は新聞の連載
 「草原の風」
    宮城谷 昌光(作)
    原田 維夫(絵)
※歴史小説の人間模様に関心をもたれているSさんからの推薦でした。

【第104回勉強会案内】
☆日時:平成23年2月12日(土)9:30〜12:00
☆場所:コムナーレ10F
浦和コミュニティセンター
第8集会室

※詳しくはHPの「イベント」をご覧ください

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター