さいたま読書倶楽部
                               

2010年11月27日の読書会

■11/27(土)の15時から当倶楽部の記念すべき第1回目の読書会が行われました。

■参加メンバは女性4名、男性5名の計9名。

■紹介された本は以下の通りです。
のぼうの城(和田竜)
誘拐ラプソディー(荻原浩)
親鸞(五木寛之)
笑いのこころ ユーモアのセンス(織田正吉)
またあなたから買いたい カリスマアテンダントの一瞬で心をつかむ技術(齋藤泉)
カイチュウ博士と発酵仮面の「腸」健康法(藤田紘一郎 小泉武夫)
夜回り先生と夜眠れない子どもたち(水谷修)
13日間で名文を書けるようになる方法(高橋源一郎)
葉隠入門(三島由紀夫)
百句燦燦(塚本邦雄)
ひとり日和(青山七恵)
守り人シリーズ(上橋奈穂子)
本の運命(井上ひさし)
ひろいもの(山本甲士)

■小説、エッセイ、ビジネス、ハイファンタジー、俳句、ハウツー等々様々なジャンルが取り上げられそれぞれに活発な意見が交わされました。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター