すきっぷす(埼玉コミュニケーションスキル勉強会)
                             

胎児期イメージとストレスコントロール

胎児期イメージとストレスコンロロール
〜第4回すきっぷす定期勉強会〜
午前中の講義では、お母さんのおなかの中から胎児の記憶は始まっていること。そして、胎内での記憶イメージや生まれ方が、生まれてからの私たちの人生に様々な影響を及ぼしていることを教えてもらいました。
そして、午後の実習では実際に胎内のよいイメージつくりの体験をしてもらいました。
実際の胎内期、お母さん自身の状態があまりよくなく、難しい出産の体験をされた人でも、新しいよいイメージを作り、スキンシップをたくさんするとよいというお話に希望が持てました。
参加者は17名。これから家族でもっとスキンシップをとりたい。これから妊娠する人にぜひ知ってほしい!などの感想が寄せられ、あったかい雰囲気の中、勉強会を終えることができました。

いつもきれいなスライドでわかりやすく解説してくださいます。
7月のサポートスタッフは、矢島先生ほか3名でした。
参考図書:遺伝子を味方にする生き方
宗像恒次著
きこ書房
定価1600円
がんやうつ病など現代の医学が解決困難としている問題も、世代間伝達された心傷情報、生き方のくせにに気がついていくことで心の底から健康的でイキイキとした日々を送ることができるようになり、がん抑制遺伝子の発現率をも上げることなどが書かれています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター