さいたま市市民活動サポートセンター
                               

【サポセンライブみんなでコラボ】“大学生が飛び込んだ!シニアが支える『江戸里神楽(えどさとかぐら)』の世界”開催報告

2010年5月23日(日)12:00〜13:00開催

“大学生が飛び込んだ!シニアが支える『江戸里神楽(えどさとかぐら)』の世界”

<内容>
●楽しくてわかりやすい
『江戸里神楽公演』の魅力を紹介
・「江戸里神楽学生実行委員会」による、
 上演報告

●江戸里神楽の映像とお面の展示
 &解説
・「ソニオンフォトクラブ」提供による、
 スライドショーと写真展示
・もと「埼玉県立歴史と民俗の博物館」
 学芸員による解説


<参加団体自己紹介>

■江戸里神楽公演学生実行委員会■

 埼玉県立大学、多摩美術大学など、たくさんの大学から学生が集まって委員会を組織。およそ1年かけて、企画から、出演依頼、舞台技術、解説プログラム作りまで手がけています。学生だけでなく、シニア世代の支援を受けながら、企画を前に運んでいます。

 今年の12月3日の第4回公演に向け、これから準備に入ります。ご協力いただける方はぜひお声かけください。


■ソニオンフォトクラブ■

 平成2年に県内の写真に親しむ中高年者有志で設立し、現在143名の会員が写真を通して友好を深めています。

 今年初めて「江戸里神楽」の資料写真の撮影に協力し、公演本番だけでなく、県内外の里神楽や神々のお面など、約6千枚の写真を撮影しました。これらの写真は、公演当日の掲示や解説プログラムへの掲載、各種メディアへの広報活動に活用されました。


※左の写真は「ソニオンフォトクラブ」撮影による『江戸里神楽公演』楽屋の様子。
初めてカメラが入った貴重なワンショット。

毎年、彩の国芸術劇場で、学生実行委員会が『江戸里神楽公演』を開催しています。(写真提供「ソニオンフォトクラブ」)
2010年2月の公演の様子。(出演団体:岡田民五郎社中。写真提供「ソニオンフォトクラブ」)
多摩美術大学の学生が中心になって、大道具や照明、音声にも参加。(写真提供「ソニオンフォトクラブ」)
5月23日のサポセンライブでは、「江戸里神楽学生実行委員会」委員の一人、岩橋さんから、活動についてお話を聞きました。ちょっぴり緊張気味の岩橋さん。
神楽面については、もと「歴史の民俗の博物館」学芸員の斉藤さんからお話を聞きました。来場者全員で神楽クイズにもチャレンジ♪
「ソニオンフォトクラブ」の小川さん、上田さん、白井さんから、撮影裏話や、学生との連携についてお話を聞きました。初めての被写体の撮影は、とても刺激的だったそうです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター