ボランティアグループ 一歩会
                               

一歩会総会

平成22年4月11日                 
ボランティアグループ 一歩会議事録
出席者【佐野尚子・黒岩琢磨・鹿嶋徹・小野塚康蔵・高村元紀・林良信・倉谷みゆき・高橋修・佐野典彦・黒岩恭子・長谷川淳悦・安達博枝・飯島直人・山内誠・小野寺文男】(敬称略)
開会 10時8分 林良信さんの開会のあいさつ
議事 林良信さんの司会で議事を進行。
1.21年度活動報告 佐野尚子代表
2.21年度会計報告 鹿嶋徹会計責任者
         南区役所に収支決算書を提出中
3.会則の追加変更 会員の年会費5000円 賛助会員一口1000円
4.22年度活動計画 佐野尚子代表
5.22年度収支予算   〃      
3・4・5号議案いずれも全員の了承を得た。
その他(慰問について)
・佐野尚子代表  慰問に対する交通費などについてどのようにすればよいかという相談があった。
△修梁勝憤貶皺颪離漾璽謄ングについて)
・佐野尚子代表  毎月第2日曜日午前10時〜12時 南区役所集会室で行うことについて意見を求める。
 全員の賛成を得る。
その他(辻・ハワイアンバンドについて)
・佐野尚子代表  練習の日程はどのようにすればいいか。
第2日曜日14時からはどうかという意見が述べられた。
い修梁勝碧澪六羲乃錣砲弔い董
・佐野尚子代表  タイトル『盆栽レンジャー』の添付資料を読み上げた。
・黒岩琢磨顧問  簡単なカット絵に、簡単な流れを書き佐野代表に渡し肉付けが出来たことにより、一歩前に進むことが出来た。
・佐野尚子代表  来月のミーティングで文章を詰める作業をする。
・倉谷みゆきさん 風麿・雨麿という名前は今の子供たちはピンとこないのでは、という意見が出された。
・佐野典彦さん  漫談のきみ麿がブームになっているので、子供たちも知っているのではないか。
・黒岩琢磨顧問  外国は日本的なものを好むので、海外に発信するのにも麿をつけることで日本を表現。
・佐野尚子代表  このようにそれぞれの感性があるので、次回のミーティングで意見を出し合いましょう。
林さんの司会でスムーズに会議が進行。
閉会:高村元紀さんのあいさつで閉会となる。                    以上

終了後、参加できる人で白幡沼に花見に行きました。桜吹雪の絶好のお日和で、最高なお花見でした。

春のサポセンフェスティバルの時の折り紙教室での作品
毎月第4土曜日北戸田駅美化活動に、朝の挨拶運動の時、武蔵浦和駅で会うお母さんと小学校3年生の男の子が参加してくれました。
老人介護施設に慰問アットホーム佳愛。手前が詩吟を吟じてくださる小林昇さん。奥がスコップ三味線をしてくださる近藤正春さん。うろこ模様の背中だけ見えているのは鹿嶋徹さん。
デイケア春の風の慰問では、子供たちが春休みだったので、一緒にふれあいました。リコーダーを吹き、歌で観客席から大きな拍手をいただきました。
一歩会総会終了後、白幡沼でお花見です。今年は寒い日が続き4月11日でも満開の桜。風が吹きと花吹雪で、お腹の中まで花盛りとなりました。
満開の桜の向こうに見えるのは、浦和商業高校。久しぶりの青空は一歩会の前途を照らしてくれているようでした。この日北戸田美化活動に参加してくれた男の子と、お父さんが偶然通りかかり、少しの時間を共有いたしました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター