キャリア学習サポート21(略称CS21)
                             

第21回 セミナー開催 情報社会を担う教員養成に携わって 〜 大学現場から事例紹介 〜

高度に進む情報ネットワーク社会において、コンピュータを用いた情報活用能力は社会人として必要不可欠な要素になっています。
“情報リテラシー教育”に従事して12年。
CS21メンバーでもある折本綾子氏が、情報社会を担う,「情報科」の教員養成に携わり日々実感していることを“大学の教育現場”の事例を通してご紹介いただきました。


主な内容は次の通りです。

,海譴泙任諒發澆鬚佞蠅えって
∈廼瓩梁膤慇犬亮尊櫃肇ャリア課題ついて
9眦学校教科『情報』の教員に求められるもの
せ例紹介


開催日時:9月6日(日曜日)14:00〜17:00 
場所:さいたま市立 浦和コミュニティセンター コムナーレ 10階 第8集会室


当日は、折本講師より貴重な資料をたくさん拝見させていただき、たいへん参考になりました。



講師略歴:東京都大田区在住。大学卒業後,中小企業の経営コンサルタント会社で企業内教育,広報,コンサルタント業務のアシスタントとして経営の実際を学ぶ。東京経済大学大学院 経営学研究科に進み,梅澤正先生に師事する。調査会社の研究助手を経て,業務で培った経験をいかし,専門学校をはじめ,高等学校,社会人を対象に,情報リテラシー教育に携わる。現在は首都圏の大学で「情報科」の教員を目指す学生および,女子短大生,留学生と奮闘の日々をおくる。モットーは「自分が成長した分だけ、生徒も育つ」。CS21では広報,パソコン講習の講師も務める。




前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター