星のしずく
                             

アートワーク紡ぐ光の物語〜第4章『光の鼓動*雪解けキャンドル』

感染症拡大の状況により、今年2月から延期になっていた星のしずくアートワーク『紡ぐ光の物語〜第4章 光の鼓動*雪解けキャンドル』を、4月30日に桶川市民ホール・さいたま文学館『響の森』で開催することができました。

参加者様12名、遺族当事者スタッフと講師さんを含め、計16名の会場入りで行いました。

 
   

受付には、まりー講師さんのウェルカムキャンドルがお出迎え(^^)。

(作品の売上は、地元の保護猫ボランティア団体の活動資金に寄付されています)

  たいせつなひとに

  花のようなことばを

  とどけることが

  できるように



わたしの話すことばは、どんなかたちや色をしているだろう……。

ベストセラー『幸福な質問』の、おーなり由子さんが紡ぐ詩と絵の本。

『ことばのかたち』

ワーク前に、心を落ち着けて集中できますように、参加スタッフの春さんから朗読していただきました。
そして講師さんからのセッション後、ワーク開始です。



今回はお一人2本作ります。

色合いやお花資材選びに、大切な人と対話しながら注力☆
そして、完成した『想いのかたち』

I様のキャンドル☆
春様のキャンドル☆
S様のキャンドル☆
H様のキャンドル☆
C様のキャンドル☆
S様のキャンドル☆
K様のキャンドル☆
S様のキャンドル☆
M様のキャンドル☆
Y様のキャンドル☆
N様のキャンドル☆
H様のキャンドル☆
画像をシェアしてくださった参加者の皆様、ありがとうございました。



皆の想いのかたちを目の前に見つめながら、お一人お一人に感想や近況報告、今のお気持ち、大切な人のことetc.任意でのお話会を、&気持ちリフレッシュストレッチをクロさんから。



閉会後は希望者のみ、会場近くの飲食店でお疲れ様サワー会を持ちました。


また☆

/星のしずく*管理人

 2022年度星のしずくアートワーク企画協賛

 公益財団法人 さわやか福祉財団

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター