星のしずく
                             

第22回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

日中最高気温が20℃近くまで上昇した3月12日(土曜日)さいたま市で、第20回『星のしずく』自死遺族の集いを対面で開催しました。

参加者は計21名様。
うち初参加の方は5名様。

どなたを何時頃亡くしたのか、簡単な自己紹介のあと、4つのテーブルにわかれて、分かち合いの時を持ちました。

 *

春、この季節に感じる独特の物悲しさ。
風に触れられただけで溢れてくるような想い。

 *

自責の念で押し潰されそうな苦しみ、同じ境遇だから共感できること。
それぞれの話を聴きあうことで得られる気づき。

 *
 *

参加くださった皆様、お疲れさまでした。
そして、長時間ありがとうございました。

「久しぶりによく喋ったので口の中が痛いですよ〜」(汗)←スタッフクロさんの言葉に大きく頷きました。

亡き人たちの話題を直にノンストップで聴き合えるのは、日々の生活ではありえないので、私にとっても有り難い時間でした。


亡くなられた息子様への想いと共に綴った追悼句集『想ひ出歳時記(リニューアル版)』を寄贈くださったrestinpeace0302様、
ティム・ジャクソン著『遺されたあなたのために』の日本語訳監修発行、寄贈くださった『クリスチャン自死遺族〜ナインの会』前島様に、
心より感謝申し上げます。

 ◆ ◆ ◆

次回第23回星のしずく自死遺族の集いは二日間オンライン。
4月9日(第2土曜日)、4月10日(第2日曜日)の二日間オンラインです。
(ZOOM入室パスコード配布のため要予約になります)。

3月27日(第4日曜日)はアートワーク『今心桜』〜板に描く桜〜臨床美術開催予定です。
2022年度は公益さわやか福祉財団様の協賛により開催を定期的に企画させていただけます。

お気持ちが向いた時に、ご参加ください。

/星のしずく*管理人
https://saitama-hoshinoshizuku.amebaownd.com/

 
   


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター