特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金
                               

市販181食品の実測資料集「心身を害するミネラル不足食品」増補改訂版発行

 半数を超える日本人がミネラル不足で心身を悪くしていることを実証した『心身を害するミネラル不足食品』を2017年2月に発行。
 その後、新たに66の市販食品を検査したので、増補改訂版を出しました。

 病院、養護施設、養護老人ホームでは、栄養士が計算して作った献立で栄養価の優れた食事を食べられることになっています。
 企業の社員食堂、厚生労働省の職員食堂などで提供される定食も、バランスよく栄養がとれる建前になっています。
 それらを検査すると、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛が、国の定める食事摂取基準を満たすほど含まれた食事はほとんどなくて、 基準に基づけば病気になるレベルの食事でした。

 
   

ミネラルの検査結果を分かりやすく図にしました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター