星のしずく
                               

アートワーク『紡ぐ光の物語〜第3章』憩いのひだまり蝋ランタン

◎自死遺族を対象とした、グリーフケア・グリーフワークを目的とするアートワークを定期的に企画開催しています。

自死遺族の集い『星のしずく』主催のアートワーク『紡ぐ光の物語〜第3章〜憩いのひだまり蝋ランタン』を11月28日(日曜日)に開催、参加者14名様+(遺族当事者スタッフ)の計21名でアートワークをスタートさせていただきました。
作品完成後のシェアタイムでは、お一人ずつ感想や今のお気持ち、作品に込められた想いなど、無理のない範囲でお話する時間を持ちました。
一般のカルチャースクールやサークルとは一線を画したコミュニケーションの場でもあるのかなとも思います。
北風の冷たい冬空の下、参加くださった皆様、当事者スタッフの皆様、そしてまりー講師さん、ありがとうございました。

 
   


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター