さいたま市みどり愛護会春里支部
                             

夏休み雑木林体験ボランティア

夏休み雑木林体験ボランティア(主催見沼区社会福祉協議会)が、7月26日春里自然の森において行われた。
参加者は、市内の中学3年生2名と小学4年生および保護者2名であった。
午前中の2時間に渡って、笹の刈り取り、枝の切り落としなどを実施した。

林内には、アヅマネザサやチヂミザサその他ササキサなどが隙間なくはびこって、これらの除去作業が大変である。
当日は春里支部のメンバーが9名参加をしてくれて、体験者の指導に当たってくれた。
この時期は、ノカンゾウをはじめヤブカンゾウやカノコユリが開花中でアブラゼミとミンミンゼミの声が賑やかに聞こえていた。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター