さいたま市みどり愛護会春里支部
                             

令和3年6月の定例保全稼働

6月は8名の参加で、保全活動を行った。
道路に面した南側はすっかり笹で埋め尽くされた感じで、前面の笹刈を行った。
いつものお茶タイムは、新型コロナウィルスの
話で盛り上がってしまったが、当面の課題でもある、道の駅とと畜場について関係者の資料を
見ながらの意見交換も行った。

二日前に行われた、絶滅危惧種の観察会とと畜場建設の資料を見てもらう。
先月の25日にさいたま市より依頼をされていた、クゲヌマランの移植作業を行った。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター