ビオ・荒川さいたま
                             

絶滅危惧粁爐離離献肇薀離が見られます

2021年6月5日芒種の自生地はオカトラノオ属の白い花穂とシオデやノカラマツの蕾や花が歓迎してくれた。観察路の左右はもう背丈以上にオギが伸びて左右の見通しは聞かなくなった。オカトラノオ属の花にはベニシジミが多く来ていた。今年はノジトラノオが多く見られて嬉しい。

観察路ではトキワハゼ、イヌガラシ、ツメクサ、アメリカフウロなどが小さな花をつけていた。イヌガラシにはモンシロチョウが来ていたが、パソコンに移してみると産卵していたようだ。

クマツヅラの花を撮ろうと群生に近づいたらなんとドヨウオニグモがホソハリカメムシらしきを捕らえたところで、激しく動いて獲物を弱らせぐるぐる巻きにする一部始終を観察できた。

前回確認できなかったレンリソウの豆果を見つけるべく頑張ったがどう探しても見つからなかった。仕方なしに帰り際に再度挑戦してようやく発育不良の2豆果を発見した。やはり、クローン繁殖による弊害なのだろか。

ノジトラノオと同じ絶滅危惧粁(VU)のノカラマツ。
シオデはサルトリイバラ科で雌雄異株。写真は雄花。
やっと見つけたレンリソウの豆果はひ弱で存在感があまりない。
モンシロチョウをよく見ると体をイヌガラシに差し込んでいます。
ホソハリカメムシをぐるぐる巻きにし終わったドヨウオニグモ。
土手のクララはとっくに実を付け終わったのに、今ようやくです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター