さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

さいたま市民テレビがJ:COMチャンネルで紹介されました

市民ネット・県民公論のYouTube版「さいたま市民テレビ」の取り組みが、2月8日放送のJ:COMチャンネル(11番)の地域密着型人気番組「ジモト応援!つながるNEWS」で紹介されました。
■J:COMチャンネルでの紹介、MC=河内優美子アナウンサー
「さいたま市民テレビ』は、「NPO法人さいたま市民ネットワーク」が運営する無料動画サイト…「YouTube」を利用した「インターネットテレビ」です。
 さいたま市内を中心に地元で開かれる季節の行事やイベントなどを、さいたま市民ネットワークが独自に取材。
 「住んでよかったさいたま市」をテーマにした様々な動画を配信しています。
 運営している「さいたま市民ネットワーク」は、さいたま市誕生から10年を節目に結成。
 市内の自治会関係者や地域にお住いの歴史や芸術に造詣の深い人が集まり「さいたま市を盛り上げよう」を合言葉に活動しています。
 活動内容は、メンバーそれぞれの得意分野を活かした様々なサークル活動のほか、市民の役に立とうとボランティア活動なども行っています。
 また、去年は、「シルバーeスポーツ協会」を発足。去年9月には、世界初のシルバーeスポーツ大会を開催するなど、人生100年時代を見据えた未来を切り開いています。
 そんなパワフルなメンバーが集まって制作されている「さいたま市民テレビ」。井出哲由市民テレビ局長は、なんとネタ探しから取材交渉、そして、撮影・編集・公開までを行っているそうです…スキルが高過ぎませんか?
 今では、取材依頼が来るほど人気が高まっているそうです。
 井出局長に今後の夢を伺うと「市内10区全てに支局を開設して、より細かく、より温かく、行政と市民の懸け橋になるようなテレビ局を目指したい。」とのこと。
 「さいたま市民テレビ」から私も目が離せません!皆さんも是非、チェックしてみて下さいね!
◆さいたま市民テレビはこちらからご覧くださいませ(2016年〜)→https://www.youtube.com/channel/UCJT4F5wN5n0xnwOSDO-w4qQ/videos


J:COMチャンネルの人気アナウンサー河内由美子さん。
2018年、ツールドフランスさいたまクリテリウム。
2020年、世界初開催!シルバーeスポーツ大会。
2017年、第8回世界盆栽大会inさいたま。
2019年、陸上自衛隊第32普通科連隊(北区)記念行事。
2019年、全国初!本市セーフコミュニティ国際認証。
2019年、見沼通船堀の閘門(こうもん)開閉実演。
2018年、うらわまつり「神輿パレード」の壮観。
2021年、大宮総合食品地方卸売市場内の食堂メニュー。
「エスカレーター歩行禁止条例案」が、埼玉県議会に提出。
歩きスマホは、余裕のない人生を送っている証拠。
「ドア横占拠者」は自己中心的な迷惑人間。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター