さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

シルバーeスポーツがeスポーツ界のキーパーソンのひとつに選ばれました

■令和2年10月15日に、コンピュータ関連書籍の名門 秀和システムから、日本で初めての国内eスポーツ研究書である「eスポーツビジネス eスポーツ×ビジネスの現場からお伝えします」が刊行されました。

■そのなかで、さいたま市民シルバーeスポーツ協会が、国内eスポーツ界のキーパーソン17機関・団体・個人の中の一つとして、紹介されています。

*市内有名書店で発売中。

■本書では、日本を代表するeスポーツゲーマーとしてのeスポーツ専門家 中野龍三氏が、「そもそもeスポーツとは何か」から始まり「eスポーツの未来」まで、eスポーツの現在・過去・未来を豊富な資料と緻密な分析でまとめられており、国内で活躍するあらゆる分野のeスポーツ関係者・団体・機関を取材紹介しています。

■また「eスポーツブームに踊らされないために」というブームへの注意喚起もなされているところに著者の責任感と良心が表れています。

■さいたま市民シルバーeスポーツは本書「第5章 eスポーツは社会をよくする」「eスポーツと高齢者」の中で、水野臣次事務総長がシルバーeスポーツの誕生から未来像までを語っています。

■これ一冊で「eスポーツとは何か、eスポーツ界で何が起こっているのか、社会の中でのeスポーツの役割」が明快に理解できます。

*詳しくはこちらをご覧くださいませ→https://nposcn.com/
*シルバーeスポーツへのお問い合わせはお気軽にこちらからどうぞ→saitama@beetle.ocn.ne.jp

全国の有名書店で発売中。写真はパルコ5階の紀伊国屋書店。
「eスポーツは社会を良くする」の章でシルバーeスポーツが登場。
eスポ マトリックス図のなかでは最も公共性が高い位置づけ。
エスカレーター右側立ちの輪を広げましょう!
歩きスマホは「仕事ができない人間」との表明みたいなもの。
ドア横寄りかかりは、他人に大迷惑をかける自分勝手な行為!

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター