NPO法人華齢なるケアマネたち
                           

第199回「新型コロナウィルス感染拡大から学ぶ」〜私たちにできる事は〜

第199回
「新型コロナウィルス感染拡大から学ぶ」
〜私たちにできる事は〜
新型コロナウィルスの影響で今年度の活動は10月からのスタートとなりました。
感染症対策に留意しながらの勉強会となりましたが、久しぶりの仲間との再会、近況報告、情報交換
ディスカッションはとても有意義なものでした。





【本日の内容】
/祁織灰蹈淵Εルスについて豆知識
⊃祁織灰蹈淵Εルス禍における
 ・仕事上の支障やジレンマについて
 ・困った時どのように取り組んだか(グループディスカッション)
新型コロナウィルスで家族を亡くされた仲間の体験談
た祁織灰蹈淵Εルス禍において学んだこと
【勉強会の振り返り】
・人と会って表情を見ながらコミュニケーションできる楽しさを改めて実感した
・仲間のありがたさに気が付いた
・他事業所の取り組みを聞き、予防を具体的に見直したい
・社会の基盤が変化しているので、先のことを考えて構想する必要があると感じた
・“正しく恐れる”事を再確認した
・体験者からは、「心にためていた事を話すことができたので供養になったと思う」とのコメントがありました

★今後も研修会は感染症対策に気を付けながら継続していきます
参加した方々が「来てよかった」と思って頂ける様頑張ります!!


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター