さいたま市みどり愛護会支部長会議
                             

  みどり愛護会の各支部紹介その一

さいたま市内にはいくつもの雑木林や緑地公園が存在して
いますが、その中で15の地域が自然緑地として指定されてい
ます。
地目の大半が山林で中には公有地や借地もあります。
その中で、土呂自然の森、大和田緑地公園、大牧自然緑地、
春里自然の森の四カ所が特別緑地保全地区に指定されています。
みどり愛護会の中には10支部があり、それぞれに支部長以下
複数の会員で組織され、年間の活動を行っています。

 
   

大牧支部では毎年オオムラサキ
を育てています。
大和田支部では、キンラン、
ギンラン、などの絶滅危惧種
を数多く育てています。
春里自然の森ではコバギボウシ
の群落がみられます。
島町自然の森に見られる、
ツルボの群落
さいたま市緑の祭典への協力参加
さいたま市見沼区区民祭りへの
協力参加

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター