さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

マスクチャリティーボックスを設置しました

★医療関係の皆様、日々の医療活動に感謝申し上げます!

★6月18日より、サポセンの総合案内コーナーの一角に、ご家庭でご不要になったマスクをご寄付ご提供いただくチャリティーボックスが設置されました。

★新型コロナ(武漢)ウイルス感染拡大の第2波が懸念されるなか、今後もマスクの需要が見込まれることから、マスクチャリティーボックスをサポセンに設置して、集まったマスクを、必要とされる方々や施設に提供することにより、新型コロナ(武漢)ウイルス感染拡大防止策の一助とします。

★ご提供いただくマスクは、「未開封・未使用」のもので、種類は問いません。
サポセンにお出での際は、ご家庭で余っているマスクをご持参いただければ幸いです。

★さいたま市民一丸となって、武漢ウイルスに打ち勝ち、新しい生活様式の中で、楽しい市民生活を謳歌いたしましょう!
(設置責任者 水野臣次)

【こちらもご覧ください】https://nposcn.com/

マスクチャリティーボックスは、市民ネットと市民協働推進課との共同名義で設置、市民と行政との芳しい協働の花が咲きました。
集まった、「未開封・未使用のマスク」は危機管理課セーフコミュニティ対策委員会を通じて、市内の学童施設等に寄付いたします。
市民ネットが提案(4.20)した「マスク回収ボックス設置」に賛同の輪は広がり、各区役所にも回収ボックスが置かれています。
エスカレーターには左右一段ごと交互に立ち止まりましょう。
駅構内でも街中でも、歩きスマホは止めてください。
電車ドア横の寄りかかりは、乗降者への異常接近で大迷惑。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター