田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

正常な種子繁殖が行われているようです

コロナウィルス騒ぎが無ければさくら草まつり'20だった穀雨の4月19日、前日の豪雨に洗われた空が青く澄み渡っていた。
10時30分頃になっても自生地の中央付近は冠水していた。

サクラソウの数は増えた。間違いなく多くなって19号の後遺症は無いように見える。でも丈が低く花も小さい。その上昨日の豪雨などで大半の花が傷ついている。
カントウタンポポが増えてB区で花盛りだ。スイバは全域で赤茶色の穂を揺らしている。

さしものノウルシも下火になり、ノカラマツが伸び出している。南観察路ではトダスゲが増え、ムラサキサギゴケ、アリアケスミレの花も見られる。

補完地はサクラソウのピンクの群生が多く見られ見事だ。ヒキノカサの白花もあった。

左はサクラソウで吸蜜するトラマルハナバチ。ポリネータを初めて見つけて大感激だ。
※ヒゲナガハナバチの一種とのご指摘を荒木先生から頂きました。訂正します(4月22日)

7本目の囲柵辺りから先はまだ冠水状態です。
今年はB区のタジマシロも復活しました。
トダスゲがもう穂をつけて、株数も多くなりました。
B区には多くなって花園を現出しているたカントウタンポポ。
エキサイゼリも小さな白花を咲かせています。
ヒキノカサはシロバナも見られました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター