さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

シルバーeスポーツが日経新聞で特集されました

 人生100年時代の必須アイテムとして、市民ネットが2018年より世界で初めて提唱しているシルバーeスポーツを、3月5日(木)付 日本経済新聞の人気コーナー「くらしナビ セカンドステージ」欄が特集。

 さいたま市市民活動サポートセンターでのシルバーeスポーツ競技の模様・メンバーの愉快な悪戦苦闘ぶりが活写されています。

 高齢者の安心安全対策・病気予防・生きがいづくりに成果が上がっているシルバーeスポーツは、今後市内10区に区別チームを作り、市内対抗ゲーム大会を計画しています。

 また、全国都道府県に支部センターを設立し、厚生労働省と連携して全国展開してまいります。

 さらには、市民ネットの「台湾友好協会」を通じて、台湾にもシルバーeスポーツを普及、高齢者の健康づくり・新しい健康長寿福祉娯楽として日台両国の架け橋とします。

 多くの皆様のご参加、支部づくりをお待ちしています。(事務局 水野臣次 MizunoShinji)
★こちらもご覧くださいhttps://nposcn.com/

シルバーeスポーツの日経新聞登場は、これで2回目。
サポセンの特設コーナーで開催されているシルバーeスポーツ。
スペースインベーダー時代のアナログゲームが人気。
右側立ちは安心安全マナー。共感の輪が広がっています。
歩きスマホは心の余裕がなく、仕事ができないものの象徴。
乗降者の迷惑を顧みないドア横寄りかかり人間はバカの表れ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター