田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

久し振りに小鳥と出会えて楽しい時間でした

2019年12月22日の冬至の朝は厚い雲が垂れ込め夜明け前のように暗かった。今年は暖冬傾向というが晴れの日とハッキリしない日が交互にやってくる。

自生地では手前の第2駐車場はチガヤが紅葉して草紅葉の世界を現出していた。背後の堤防のノリ面も出水の副作用でセイタカアワダチソウが少なくなり黄葉がきれいだ。

草焼きの準備で中の方はカヤの切り倒しが行なわれて一層見通しが良くなった。観察路の柵の付近はいつも専門家がやるようで年明けに持ち越されていた。
観察路では久し振りに小鳥が柵の近くからクヌギのてっぺんに飛び立った。どうやらツグミのようだったが、出水後は小鳥の鳴き声すら聞かれなかったので嬉しかった。

南観察路でも小鳥が地面をアチコチ飛び回っていた。少しづつ距離を詰めながら写していった。とにかくすばしこい、それこそ、ここと思えばまたあそこで相当翻弄されたが生き物との出会いは嬉しかった。最後に刈り倒したオギの上に止まってくれたのはメスのアオジだった。

中央からE区方面を望む。クヌギの落葉が積もっている。
アキノノゲシの生き残りが種子を飛ばし始めていました。
泥にまみれたナンバンギセルの櫺未任靴腓Δ。
駐車場のトベラが3裂して赤い種子を見せていました。
いつもならたくさん見られるセンニンソウの痩果ですが・・。
桜草公園の正門の下の鴨川よりの駐車場がきれいです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター