さいたま市民ネットワーク (NPO法人)
                         

見沼通船堀閘門開閉実演が行われました

◆5年ぶりに挙行された世界的発明
「閘門開閉」の実演!

 真っ青な夏空が水面に映し出され、緑輝く8月21日(水)、緑区の国指定史跡・見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)で、水位の違う用水路間に船を通すために発明された閘門(こうもん)と名付けられた木製の関で実際に水位を調節して船を通す閘門開閉実演(こうもんかいへいじつえん)が5年ぶりに挙行されました。

◆通船堀を世界遺産に!

 水位を調整して水位の違う運河間に船を通すという発想と技術は、パナマ運河ができる実に180年前に、さいたまの地で開発されていたという驚愕の事実!
 さいたま市民ネットワークでは、これこそ世界遺産として世界人類の宝物として保存・継承すべきとして「さいたま市民通船堀世界遺産協会」を設立して、活動を始動しました。

◆見沼通船堀を世界遺産にすることにご賛同いただける方は、お気軽にお申し出くださいませ。(こちら、水野臣次) saitama@beetle.ocn.ne.jp
◆詳しくは公式HPをご覧ください https://nposcn.com/

見沼通船堀を人類の偉業として世界遺産に登録しましょう!
緑の水で潤う見沼通船堀に江戸情緒の風流な舟が復活して浮かぶ
動画はこちらをクリック↓https://www.youtube.com/watch?v=Llq3yOk6D5s
エスカは両側に立ち止まる設備。右側にも積極的に立ちましょう!
画面を見るときはいったん立ち止まりましょう!
電車乗降口側のドア横寄り掛かりは利己主義的な大迷惑行為!

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター