民話の会どんとはれ
                               

いい話を聞かせてくれてありがとう!

日時 令和元年8月1日(木)10:00〜11:30
場所 蓮田市、ミニデイ・さくら苑
聞き手 9人
訪問者 2人
夏の太陽が照りつける午前、二人で「さくら苑」を訪れた。新顔の方も何人かおられ、全員が血圧の測定も済んで、“どんとはれ”の到着を待っていた。二人の熱演に皆さん、大きな声で笑いながら熱心に聞いてくれた。ブルーベリーをご馳走になって、真夏のさくら苑をあとにした。
新顔の人が、「いい話を聞かせてくれて、ありがとうございました」と声をかけてくれた。
 梅雨が明け 一気に真夏 炎天下       外川澄輝
← 二人が自己紹介をして開演  


 〃谷康夫:
 民話「踊るがい骨」
 外川澄輝:
 語り「脳トレーニング」
 7谷康夫:
 民話「カッパの徳利」
 会場風景
 全員が静かに耳を傾けてくれる
 こ粟鄒ゝ院
 落語「目黒のさんま」
 きりりと引き締まった表情
 こ粟鄒ゝ院
 落語「目黒のさんま」
 穏やかな表情

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター