さいたま読書倶楽部
                               

2019年7月27日の読書会

■7/27(土)の14時30分から当会105回目の読書会が行われました。

■場所:市民会館うらわ

■参加メンバは女性24名、男性16名 計40名。

■6ーブルで実施しました。

■紹介された本は以下の通りです。
(文字数制限のため著者の記載略)
ジヴェルニーの食卓
刑罰
三体
絶滅危惧職 講談師を生きる
七人の侍
どこにも属さないわたし
ある町の高い煙突
あちらにいる鬼
「空腹」こそ最強のクスリ
クサリヘビ殺人事件
蘇我の娘の古事記
短編ベストコレクション現代の小説2014収録「太陽は気を失う」
人間失格
藻屑蟹
愛の鬼才(西村久蔵の歩んだ道)
蠅の王
古関裕而物語
人類の未来
呪いの言葉の解きかた
献灯使
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。
苦役列車
罪の声
ことばのしっぽ
幕末下級武士の絵日記
みかんとひよどり
開店休業
小説渋沢栄一
論語と算盤
私は存在が空気
さざなみのよる
続 横道世之介
銀の匙
サラサーテの盤
冥途
ゴーレム100
あのこは貴族
マチネの終わりに
忘れられた巨人
蹴りたい背中
寡黙な死骸 みだらな弔い
原稿零枚日記
老人と海
新宿中村屋 相馬黒光
Ms.マーベル:スマホ世代とか言われても
衛府の七忍
カラスの教科書
ゼロの焦点
単純な脳、複雑な「私」
行動経済学まんが ヘンテコノミクス
ハーモニー<harmony/>

■記載者のつぶやき
8月は課題本読書会(人質の朗読会)との併用開催です。

※さいたま読書倶楽部HP
http://saitamabookclub.r-cms.jp/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター