田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

日照不足でも降水量が多くオギ達は元気でした

気象庁の統計によると7月21日までの20日間のさいたま市の合計日照時間は16.4時間で平年の20%、降水量は151个146%、平均気温は22.8℃で平年差が-1.8℃だった。
今日7月23日は大暑で本来なら一番暑い日になる筈で昨年は熊谷で41.1℃の日本記録を更新した。ところが今年は朝から小雨がパラつき10時過ぎに漸く止んだものの所により雷雨で油断できなかった。

自生地ではオギとヨシが大きく伸び出し、所によっては先が見えないほどで、南観察路をはじめ非常に歩き難くなっていた。でもこれは案外自然保護になっているようで、サクラソウ開花期以外の一部観察路閉鎖の検討材料になりそうだ。

イヌヌマトラノオが元気のいい花穂を立て、その先では全域で花盛りのオニユリが迎えてくれた。ユウガギクの白い花がアチコチで見られるようになった。バアソブの花が大量に観察路に引き出されて、D区の群生個所もかき回されていたが許せない行為だ。ヤマノイモなどの小さな花が見られたがミズタマソウは無かった。

オニユリは種子を作らずムカゴをつけるのがコオニユリとの違い。

ゴマノハグサは絶滅危惧粁(VU) 茎は直立して90〜150僂砲覆蝓∈拂垢ち躱花序は20〜40僂砲覆襦
ドクダミ科のハンゲショウは今を盛りと葉を白くしている。
ノカンゾウは蕾の横に櫺未鬚弔韻討い泙后
シロバナサクラタデは雌雄異株。雄株6に対して雌株1という。
コカモメヅルはキョウチクトウ科に移行したがガガイモ科が強い。
ノカラマツの花が雨を存分に吸っていました。
アゼオトギリは葉に3行脈と明点があり縁に黒点がある。
オトギリソウの葉は基部が広く茎を抱く。
オギもヨシも私の背丈を越えて元気よく伸びています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター