タイ語を学ぶ会
                               

5月13日 タイ語練習日活動報告

(これらの活動報告は編集担当が学習中に取ったノートをまとめております。日本語とタイ語の対応・発音記号などを幾度も見直すのですが、間違いも多々あることをお含みおき下さい。
編集責任者:中田)

 「タイ文字学習は、始めたからには『まとめて集中して練習するのが効果的』です。がんばりましょう。」と先生が励ましてくださるのを頼りに、このところ、ほぼ2時間ずっと文字の練習をしています。

 今年はいよいよ、次回に低子音の練習をすれば、タイ文字学習が完結になります。

 まだ、「この字は中子音だから…、この声調記号は『上のほうへ』だから…」と汗だくで一文字ずつ発音する時が多いですが、じーっと見て「…」一気に発音できる語もたまに有ります。
 『読める語句が、文が、増えていくなぁ』と実感できる時期で、先生が例題に出してくださる文が読めると、とてもうれしいです。
 あまり文の意味にこだわらず、読む練習!!と思って発音するのがコツ。

 あんなに「無理ですよー」と言っていたのに、皆で練習問題を読んでみる時はにぎやかで、先生のご指導は『厳しいけれども楽しく』、中高生の教室にかえったようでした。
2時間近くも学習しても、元気を入れて帰って行きます。
 スラスラと読めるまで練習する をがんばっています。


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター