民話の会どんとはれ
                               

和やかな雰囲気の中で笑い声がはじける

日 時 令和元年5月9日(木)10:10〜11:15
場 所 蓮田市、ミニデイ「さくら苑」
聞き手 10人
訪問者 3人

令和になって初めての「さくら苑」訪問である。新顔の方も何人かおられたが、いつも通りの和やかな雰囲気の中で笑い声がはじける。
今日もテーブルには白い「なにわバラ」が飾られ、庭に目を転じるとえんじ色の牡丹の花が咲き始め、新緑の中に映えていた。

←語りの風景、星野喜美子:民話「ききちがい」

 長澤昭洋:民話「おろか村話」
 星野スエ子:民話「お竹地蔵」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター